今日の給食

お待たせしました「揚げパン」

11月19日月曜日

揚げパン・牛乳・しゅうまい・中華炒め・春雨スープ

エネルギー 805kcal    たんぱく質 27.6g

 お待たせしました。「揚げパン」です。10月に予定していましたが、その日は大雨警報が心配されて延期していました。なかなかパンの日に全校揃ってできる日がなく、2年生が修学旅行に行く前日になってしまいましたが、子どもたちは大喜びで食べてくれていました。念願の揚げパンができてよかったです。ホッとしています。2年生のみなさんは、楽しい修学旅行になりますように!!

石鎚黒茶のかき揚げ

11月16日金曜日

ごはん・牛乳・石鎚黒茶のかき揚げ・磯香あえ・根菜汁

エネルギー 797kcal    たんぱく質 25.1g

 今日は、西条市の特産品、石鎚黒茶と愛宕柿を使った新メニュー「石鎚黒茶のかき揚げ」です。石鎚黒茶は、西条市小松町石鎚地区に古くから伝わる幻のお茶ともいわれ、独特の香りと酸味をともなうさっぱりとしたお茶です。お茶の葉を加熱した後に発酵させる後発酵茶は、日本では4種類しかない珍しいものです。また、愛宕柿は、愛媛県周桑郡に昔からある特産品で、大正2年から集団的に作られ始め、現在は全国の生産量の80%を超える大産地となっています。

うちぬき西彩丼

11月15日木曜日

うちぬき西彩丼(麦ご飯)・牛乳・大学芋・きんぴらごぼう

エネルギー 788kcal    たんぱく質 23.3g

 

 愛媛県中予には松前町という町があります。昨年、松前町では、地元の高校生が地域の食材を使った松前丼という料理を考えて、それが給食で実施されました。そこで、西条市でも、松前丼のように地域の食材を使った「うちぬき西彩丼」を新メニューとして取り入れました。今日の「うちぬき西彩丼」には、ヒノヒカリ(お米)、豚肉、白菜、小松菜、卵、そして、ばらのりの6つの西条市産の食べ物が使われています。「うちぬき西彩丼」は、地域のおいしさをひとつの丼で味わうことができる地場産物活用献立です。松前町の高校生が給食を通して地域のことを紹介してくれたように、地域の生産者の人達が育ててくれた食材を使った「うちぬき西彩丼」を食べて、さらに地域の良さを知ってほしいと思います。

 

白菜

11月14日水曜日

パインパン・牛乳・魚のマヨネーズ焼き・野菜ソテー・白菜と豚肉のスープ

エネルギー 795kcal  たんぱく質 34.3g

 寒くなってきました。体調管理に気をつけないといけないですね。冬になると「鍋物」が多くなります。野菜や肉、魚もとれて、体も温まるし、家族の団らんにもなります。お薦めです。鍋物といえば「白菜」ですが、淡泊な味なので、豚肉と相性がバッチリです。鍋物だけでなく今日のようにスープにしたり炒め物にしたり、あえ物にも使えます。西条でも多く作られています。いろいろな料理に使ってくださいね。

定番メニューになりました。

11月13日火曜日

きのこごはん・牛乳・鶏肉の唐揚げ・かんぴょうの煮びたし・みそde西条産スープ

エネルギー 801kcal    たんぱく質 27.0

 今日は、小・中学生料理レシピコンクールで“定番メニュー賞”に選ばれた「みそde西条産スープ」です。「みそde西条産スープ」は、西条の特産品の裸麦と西条でとれたたくさんの野菜が入ったみそ味のスープです。みそも裸麦が使われている地元のみそを使っているため、食材との相性もばっちりです。夏はトマト、冬ははくさいといったように、食材は、旬の野菜を取り入れることが出来るため、一年中西条のおいしい野菜をスープで楽しむことができます。